ミスヴァージン日本コンテスト 2020

ミスヴァージン日本コンテスト 募集サイト

ミスコンテスト 見た目の違いは

アメリカで開かれているミスコンテストで、話題になっていることがあります。

 

アメリカで5大大会と言われているミスコンテスト。

昨年12月に開催の「ミス・ユニバース」。同じく12月、ロンドンで開かれた「ミス・ワールド」。開催は2018年になりますが「ミス・アメリカ」、同じ年の「ミス・ティーンUSA」、同年「ミス・USA」。

 

すべて黒人が優勝したということです。

 

f:id:nihon-miss:20200113073507j:plain

ミス・ユニバース2019優勝。南アフリカ代表 ゾジビニ・ツンジさん

 

アメリカの白人、黒人の人種対立は根深いものがあり、年配のアメリカ人には白人と黒人がカップルになるのは「不道徳」だという感覚を持っている人も、まだまだいるのだとか。

 

しかし、若い世代ほどその感覚は薄れつつあるのも事実。

そういえば、今日本でも話題になっている、ヘンリー王子とメーガン妃のカップルも白人と黒人ですね。

f:id:nihon-miss:20200113074048j:plain

 

メーガン妃はご存じの通り、黒人の血が半分まざっています。

 

これは日本ではほとんど報道されていませんが、イギリスの保守的な人たちには、メーガン妃が黒人の血を引いていることを挙げて、ロイヤルファミリーに好ましくないという声も、やはりあるのだとか。

 

若いヘンリー王子はもちろんそれに反発しています。

今、夫妻がイギリス王室を離脱するニュースが流れていまずか、根底の理由は黒人であるメーガン妃を守ろうとしての行動なのでしょぅ。

 

さて、ミスコンテスト世界に話に戻りますと、世界的にはもはや人種の壁を越えた、ミスの選考は当たり前になっています。

ミスフランス 2020は、グアドループ代表。

グアドループカリブ海に浮かぶフランスの海外県。住民のほとんどはアフリカから移住してきた黒人かその混血。

f:id:nihon-miss:20200113074819j:plain

 

ミスユニバース、オーストラリア代表2018は、Francesca Hungさん。フランチェスカ・ハンさんと読むのが正しいのでしょうね。

父親が中国系。母はアイルランド系だそうです。

f:id:nihon-miss:20200113080311j:plain

プライベートショット。

なかなかチャーミングですね。

f:id:nihon-miss:20200113075934j:plain

かつてオーストラリアは白豪主義をかかげ、白人以外の移民を認めませんでした。隔世の観があります。

 

そういえば、ミス香港にこういう方も出場しました。

Perrieさん。オーストラリア出身の方だそうです。

f:id:nihon-miss:20200113080932j:plain

見てのとおり、見た目は完全に白人でヨーロッパ系です。

ミス香港は、地元でもかなり保守的な選考を行うという評判で、Perrieさんが出場したのは新鮮だとして話題になりました。

惜しくも上位進出はなりませんでしたが、翌年は保守的と言われるミス香港でも、日本人の混血の出場者が出ましたので、ミス香港も変わりつつあるのかもしれません。

 

グローバリズムの時代を迎え、世界にはさまざまな人たちが行き来しています。移民、外国人はもはや珍しいものではありません。

私たちの周囲にも、肌の色が違う人は普通に暮らしています。

 

この記事のようなことは、これからはもう話題にもならないのかもしれませんね。

f:id:nihon-miss:20200113081523j:plain