ミスヴァージン日本コンテスト 2021 募集

ミスヴァージン日本コンテスト 募集サイト

ミス ヴァージン 日本 2021 出場者募集! 

 

編集

あなたの美しさ 見せてください。
ミス ヴァージン 日本 2021 出場者募集!  

 

 

〇 お知らせ 

ホームページ開設しました。

MissContest Garden ミスコンテストの募集サイト

miss-contest.jp


 

 




新しいミスコンテスト、ミス ヴァージン 日本を開催します。出場者を募集します。

ヴァージンとは、新しい、洗いおろし、さわやか、という意味です。こんなイメージのあなたを募集します。

 

f:id:nihon-miss:20201122094630j:plain




【特徴】

  • ミス ヴァージン 日本は、全国から募集・応募できる出場者の年齢を15歳(高校生以上)から30歳までとしています。美しさに年齢は関係ないのです。

 

  • 応募期限は無く、随時募集としています。これまでのミスコンテストは年1回のみ開催というのがほとんどでした。ミス ヴァージン 日本は、随時募集し年数回の審査を行い、ミスを決定します。いわば応募しやすいミスコンテストになっています。

 

  • 複数回募集し応募を可能としました。何回応募していただいてもかまいません。成長したあなたを誇ってください。

 

  • ファイナリストになった時点でトロフィーを授与します。ファイナリストでも表彰されるのに十分美しいと判断したからです。




このように、ミス ヴァージン 日本は、応募しやすくハードルの低いミスコンテストとして開催します。


【主催】
日本ミスコンテスト協会


【応募資格】

  • 15歳(高校生以上)から30歳までの独身女性の方。

 

  • 日本国内に在住の方。

 



【審査】
以下の応募先に、以下の項目を記載し、写真と同時にお送りください。


1次選考(応募いただいた時点で随時実施)
↓ 

   応募先 : nihonmiss@gmail.com

        日本ミスコンテスト協会

                 ミス令和の日本とメールアドレスが同じです。

       どちらへのご応募なのかお書きください。

 

  • 1次選考は書類選考です。

 あなたの

  • お名前
  • 年齢
  • 現住所 (都道府県・市町村区までで結構です)
  • 職業等(学生、会社員など)
  • 身長
  • 体重
  • メールアドレス(連絡できるアドレス)
を記載して、以下のメールアドレスにお送りください。

 【応募先】

nihonmiss@gmail.com

日本ミスコンテスト協会

 

  • 折り返し応募シートをお送りしますので、応募シートに記載のうえ、写真3枚(顔、全身が写ったものそれぞれ1枚を含む)を、メールに添付してお送りください。

 

  • ただちに選考を実施し、ファイナリストに選ばれたならば、ご連絡いたしますとともに、トロフィーを贈呈します。



2次選考(最終選考 年数回実施)

  • 引き続き2次選考を行います。今回は2021年夏に実施を予定しています。

 

  • グランプリ(優勝) 金賞(次点) 銀賞(入賞)を決定。受賞者には記念品として、トロフィーを贈呈します。



【いただいた情報について】

いただいた情報は当 ミス ヴァージン 日本の選考以外には使用せず、選考が終わりしだい破棄します。外部に漏らすことは致しませんことを、ここに誓約いたします。

 

f:id:nihon-miss:20201122094743j:plain



ミスコン、ミスコンテスト、募集、応募、出場者、出場者募集、日本、ミス日本、ミスユニバース、ミスワールド、ミスアース、ミスキャンパス

ミスミャンマー代表が涙で訴えたのは、ミスグランドインターナショナル・コンテスト

ミャンマー情勢が連日のように伝えられています。

軍によるクーデターの下、反対派の国民に容赦のない暴力を振るい、多数の死傷者が出ているとか。さらに隣国タイに逃げ込んだ少数民族の難民が出ているなど、今の時点で、情勢のゆくえはわかりません。

 

 

そんな中、世界的ミスコンテストに出場中のミャンマー代表のハン・レイさんが、「自分の国が大変なことになっている。自分はここでこんなことをしていていいのか。」と、涙ながらに世界に支援を訴えたことも、大きなニュースになりました。

 

 

 ミスミャンマー 2

 

この記事では、そのミスコンテストについて書いてみたいと思います。

 

 

このミスコンテストは、ミスグランドインターナショナル。

このURLがそれです。

 

ミスグランドインターナショナル

 

 

ミスグランドインターナショナルは、比較的歴史の新しいミスコンテストですが、急速に規模を拡大しています。

 

ミスグランド 1

 

もともと、タイでミスワールドなどを主催していた、Nawat Itsaragrisilさんが中心となって立ち上げたもの。

 

 

この方がNawat Itsaragrisil さん。 ナワット・イタラグリシルと発音するようです。

ミスグランド 4

 

もともと、ミスワールド・タイ大会などのプロデューサーをしていた方のようですが、ミスワールドの仕事を降りた翌年、2013年にミスグランドインターナショナルのメインプロデューサーとして、この大会を始めました。

なので第1回目からまだ10年経っていないのです。

 

 

 

最初は、参加者も参加国も少なかったようですが、今では、アメリカやヨーロッパからも代表が来るようになり、堂々たる世界的ミスコンテストに成長しています。

開催地も、バンコクばかりだったのが、ラスベガスやベネズエラのカラカスなどでも、開催しています。

 

 

なお、参加条件に「生まれながらの女性であること」という項目が入っているのは、タイらしいというか、今の時代ならではでしょうか。

 

ミスグランド 3

 

今年、2021年度の開催地はバンコクで。

いわば、タイ発祥の世界的ミスコンテスということで、タイの観光業界も応援しているようです。

 

 

 

 

それぞれの国ではミスグランドとだけ呼ばれ、国ごとに代表選出大会を開催し、世界大会では語尾にインターナショナルとつく大会となります。

 

今年の日本代表は、佐治瑠璃さん。

大学生で、実家は1300年続く神社とかで、将来は宮司になりたいとのこと。

 

 

佐治瑠璃さん。動画です。

 https://www.youtube.com/watch?v=iVo52TajCMo

 

 

 

ちょっとうがった見方ですが、ミスアースというコンテストがあり、日本からも代表が送られています。

実はこれ、フィリピン発祥のミスコンテスト。予想外と言っては悪いかもしれませんが、かなり大規模なミスコンテストで世界的なイベントに、急速に成長しました。

今は参加国数もミスユニバースやミスワールドをしのぎ、世界4大ミスコンテストと称しても違和感がありません。

 

 

東南アジア諸国は国ごとに張り合う風潮があります。

フィリピンでそれだけのものが出来たのなら、わがタイでも、という対抗意識がこのミスグランドインターナショナル・コンテストを育てたのかもしれません。

となれば、同じようにミスコンテストの盛んなベトナムカンボジアからも、新しいミスコンテストが始まるかもしれませんね。

 

 

 

ミスアースコンテスト

ミスアース

 

 

 

ミャンマー代表のハン・レイさんが、笑顔しか見せないように、早くなることを願っています。

こんな時期でもミスコンテストは元気

タイトルと、ちょっと違う書き出しになってしまいますが、この新型コロナ流行の2020年。ミスコンテストも大きな影響を受けています。

 

規模縮小やオンライン化。どうやら今年は中止というミスコンテストもあるようです。

これは日本のみならず、世界的にそのようです。

そして私たち、日本ミスコンテスト協会が主催するミスコンテストも、重大な影響を受けてしまっています。

 

こんな時だからこそ、開催されるミスコンテストを紹介します。

 

アメリカの Miss Muslimah USA

f:id:nihon-miss:20200906195220j:plain

 

日本語でミスムスリマと読みます。

イスラム教徒をムスリムと呼ぶことはご存じの方も多いでしょう。このムスリムというのは男性形の発音で、女性形はムスリマと発音します。

 

こんな感じで開催されています。

f:id:nihon-miss:20200906194813j:plain

開催は2016年からとのことです。

 

f:id:nihon-miss:20200906194712j:plain

 

f:id:nihon-miss:20200906194755j:plain

 

当然のように、水着審査なんかはありません。

さらに服もかなり面積が大きく、肌を覆っている感じです。セクシーさとはほど遠い。

 

皆さん頭にヴェールのようなものをかぶっています。

これはイスラムでは、女性は髪を他人に見せてはならないという教義があり、大人の女性はほとんどかぶっています。

 

呼び方は、この写真のように髪だけ隠すのをヒジャブ、髪から体を含めて覆うものをチャドル、アラビアの写真などでよく見かける、目だけだしたり、顔全体を隠す黒いヴェールをブルカと呼びます。

 

イスラム女性がこのヴェールをつけないのは、いわばパンツをはかないのと同じだと言っていたイスラム女性がいました。

ただし、この写真にはいませんが、被らない人もいます。

 

ちなみにこの方が主催者。やはり女性です。

f:id:nihon-miss:20200906200014j:plain

 

しかし、ムスリマ女性といえども女なのです。美しくありたいと思うのは世界共通。宗教の違いなどありません。

これは、イスラム女性のためのアクセサリーの広告写真。

なかなかセンスがいいですね。

f:id:nihon-miss:20200906195206j:plain

 

かなり以前になりますが、日本で開催されたあるミスコンテストにパキスタン代表として出場した女性がいましたが、パキスタン政府から「我が国ではミスコンテストは開催されていない。その女性は代表ではない。」と強く抗議され、代表を辞退させられた例がありました。

その人は、どうやって選ばれたのでしょうかね。

 

また、別のミスコンテスト世界大会にインドネシア代表が参加し、これも物議をかもしました。

インドネシアは世界一イスラム教徒の多い国です。

ちなみにその女性は、中国系のインドネシア人でムスリマではなかったとのこと。

 

宗教の違いについて、ここでは言わないことにしましょう。

しかし、世界のすべての女性が、その美しさで輝けることを祈りたいです。

 

ムスリマの美しい方々の姿を動画で張り付けておきます。


ムスリマの美女ギャラリー

ミス香港 やっぱり開催 オンラインで

前の記事で、ミス香港が中止になったと報告しましたが、また状況が変わったようです。

 

TVB's Miss Hong Kong Pageant 2020 is back on

訳)ミス香港ページェントが再開されます。

f:id:nihon-miss:20200606102109j:plain

 

As it turns out, the 2020 Miss Hong Kong Pageant will not be cancelled after all.

Not only that, the much-anticipated beauty pageant will now be conducted online and adopt a reality show format.

 

訳)ミス香港ページェントは、結局中止にはなりまりせん。

待望のコンテストは、オンライン形式で開催され、リアリティショーの形式になります。

 

とのこと。

f:id:nihon-miss:20200606102141j:plain

 

プレスリリースによると、ミス香港はオンラインの形で開催され、各自が映像を投稿するような形式になるようです。

ミス香港にはスポンサーがたくさん付いています。スポンサーの提供する化粧品などを、オンラインで使用してみせて、その感想を話したりする形式を考えているようです。

どんな形になるのでしょうか。

いずれにしても、現在の新型コロナ肺炎の状況からすれば、致し方ないのかもしれません。

 

ミス香港とは香港の人たちにとって、どのようなイベントなのか。

このイベントは1973年に第一回が開催され、もはや50年近い歴史があります。

これがその記念すべき第一回ミス香港。

f:id:nihon-miss:20200606102635j:plain

 

画像が古いですね。見にくくてすみません。

この時の優勝者は、孫泳恩さんという人で、「ゴルゴ13 九竜の首」という千葉真一さん主演の日本アクション映画に出たらしいです。

映像を探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。

 

以来、ミス香港は大スターへの道。一夜にして女王となるイベントとして香港の人たちに定着しました。

テレビ局は莫大な製作費をかけ、海外でイベントを開催するのが恒例です。

これはミス香港、北海道でのロケのようす。

f:id:nihon-miss:20200606103722j:plain

ビキニ姿で寒くないのでしょうか。夏だからいいのかな。

 

これは熊本を訪れた時。くまモンとパチリ。

f:id:nihon-miss:20200606104552j:plain

 

このように、ミス香港の海外イベントは意外に日本でロケをやっています。

これはスポンサーに旅行会社が付いているからで、日本旅行の宣伝の意味もあるようです。

 

香港の人たちにとって、ミス香港は日本でいうなら甲子園大会か紅白歌合戦か。

そこまでいうと言いすぎかな。でもそれくらいの恒例イベントなのです。

 

それが今年はオンラインで。もちろん海外ロケも無いでしょう。

オンラインになることで、今までにないミス香港ページェントが見られればいい。

それを祈りたいですね。

香港のミスコンテストが次々中止に

例年、香港の一大イベントとして開催されてきた、香港小姐競選(ミス香港)が今年は中止になることが発表されました。

その他のミスコンテストも、軒並み中止か、良くても対応検討中のようです。

 

理由は言うまでもなく、新型コロナウィルス肺炎の流行です。

 

 想されたことではありますが。

www.excite.co.jp

 

このミス香港は、第二次大戦後に始まり、いままで中止されたことはありませんでした。

これは2019年度の動画。

www.youtube.com

 

香港はミスコンテストの盛んな地域で、ミス香港以外にも、ミスアジアだのミス国際中華などいろいろのコンテストが開催されています。

 

そのミスコンテストも軒並み中止です。

 

國際中華小姐競選(ミス国際中華)も2020年度は中止。

 

このミスコンテストは、全世界にいる中華系の人を対象に、各国の中華系の女性たちから代表を選んで、世界一を決めるというコンテスト。

こんなことが出来るのも、世界人口の5人に一人が中国人だからでしょう。

 

b.tvb.com

 

これは2019年度

f:id:nihon-miss:20200423152816j:plain

 

www.youtube.com

 

この時のタイトルは、

1位が香港、2位がハワイ、3位がニューヨーク、4位がバンコク・タイ、5位がロンドンとタヒチと、それぞれの代表で分け合うというものでした。

 

全世界を対象に、中国人だけのミスコンテストを開催できるというのは、さすがは中国人と言うべきか。

 

残念ながら、これも中止です。

 

ミスアジアコンテストはどうなるのか。

HPによれば、まだ何の決定もなされていないようです。

 

下の画像と動画をご覧の通り、ミスアジアと称していますが、主催は香港のテレビ局で、出場者もほぼ中華系の人ばかりです。

日本人が出ているのは見たことがありません。

 

これは2019年度の動画

www.youtube.com

 

f:id:nihon-miss:20200423154130j:plain

ミスアジア

 

これを書いている時点で、まだ公式な発表はなされていませんが、開催は難しいでしょう。

 

香港はグローバル都市で、世界中から人が集まってきます。

だからこそ、この新型コロナウィルス肺炎の流行の直撃を受けたかたちですね。

 

どうしようもないことです。私たちもStayHomeで、なんとかこの難局を乗り切るしかありません。

皆さんがんばりましょう。

世界のミスコンテストはアジア系美女が進出

Miss Grand International, MGIというミスコンテストが、ベネズエラで開催されました。

 

2019年度ですが、この年度はベネズエラ代表が選ばれました。

f:id:nihon-miss:20200209214201j:plain

 

このミスコンテスト、アジア系や黒人などが目につきます。

f:id:nihon-miss:20200209214019j:plain

 

その理由は、このMiss Grand International, MGIというミスコンテストは、始まったのが2013年と比較的新しく、しかも主催したのはタイ人です。

第一回もタイで開催されました。

 

この人が主催者。Nawat Itsaragrisilさん。

タイでは人気の司会者だとか。

f:id:nihon-miss:20200209214622j:plain

 

日本からも代表を送っています。

湊谷亜斗林さん。2019年度日本代表。青森の出身だそうです。

f:id:nihon-miss:20200209214944p:plain

 

このミスコンテストは、タイで設立されたせいではないでしょうが、やはりアジア系やアフリカ系の皆さんが多数出場しています。

 

グローバルのミスコンテストは、これまで白人の出場者が多く、優勝や上位入賞者は香白人が当たり前で、日本人がいい成績を残すと、それがニュースになるほどでした。

アジアやその他の地域からミスコンテストがはじまると、アジア系やアフリカ系の美女たちが活躍するのも珍しいことではなくなるでしょうね。

f:id:nihon-miss:20200209214038j:plain

 

f:id:nihon-miss:20200209214114j:plain

ちなみに上の写真は、インドネシア代表。かつてイスラム国であるインドネシアで、ミスコンテストに出場した女性が、逮捕された例がありました。

何の罪なのか知りませんが。それから考えると、時代は変わりました。

 

それからちょっと変わった、このMiss Grand International, MGIの出場条件。

「生まれながらの女性であること」

ニューハーフや性転換が普通に行われているタイ発祥らしい条件でしょうか。

ちなみにこの方はタイの男性です。

f:id:nihon-miss:20200209215822j:plain

 

ミスコンテスト 見た目の違いは

アメリカで開かれているミスコンテストで、話題になっていることがあります。

 

アメリカで5大大会と言われているミスコンテスト。

昨年12月に開催の「ミス・ユニバース」。同じく12月、ロンドンで開かれた「ミス・ワールド」。開催は2018年になりますが「ミス・アメリカ」、同じ年の「ミス・ティーンUSA」、同年「ミス・USA」。

 

すべて黒人が優勝したということです。

 

f:id:nihon-miss:20200113073507j:plain

ミス・ユニバース2019優勝。南アフリカ代表 ゾジビニ・ツンジさん

 

アメリカの白人、黒人の人種対立は根深いものがあり、年配のアメリカ人には白人と黒人がカップルになるのは「不道徳」だという感覚を持っている人も、まだまだいるのだとか。

 

しかし、若い世代ほどその感覚は薄れつつあるのも事実。

そういえば、今日本でも話題になっている、ヘンリー王子とメーガン妃のカップルも白人と黒人ですね。

f:id:nihon-miss:20200113074048j:plain

 

メーガン妃はご存じの通り、黒人の血が半分まざっています。

 

これは日本ではほとんど報道されていませんが、イギリスの保守的な人たちには、メーガン妃が黒人の血を引いていることを挙げて、ロイヤルファミリーに好ましくないという声も、やはりあるのだとか。

 

若いヘンリー王子はもちろんそれに反発しています。

今、夫妻がイギリス王室を離脱するニュースが流れていまずか、根底の理由は黒人であるメーガン妃を守ろうとしての行動なのでしょぅ。

 

さて、ミスコンテスト世界に話に戻りますと、世界的にはもはや人種の壁を越えた、ミスの選考は当たり前になっています。

ミスフランス 2020は、グアドループ代表。

グアドループカリブ海に浮かぶフランスの海外県。住民のほとんどはアフリカから移住してきた黒人かその混血。

f:id:nihon-miss:20200113074819j:plain

 

ミスユニバース、オーストラリア代表2018は、Francesca Hungさん。フランチェスカ・ハンさんと読むのが正しいのでしょうね。

父親が中国系。母はアイルランド系だそうです。

f:id:nihon-miss:20200113080311j:plain

プライベートショット。

なかなかチャーミングですね。

f:id:nihon-miss:20200113075934j:plain

かつてオーストラリアは白豪主義をかかげ、白人以外の移民を認めませんでした。隔世の観があります。

 

そういえば、ミス香港にこういう方も出場しました。

Perrieさん。オーストラリア出身の方だそうです。

f:id:nihon-miss:20200113080932j:plain

見てのとおり、見た目は完全に白人でヨーロッパ系です。

ミス香港は、地元でもかなり保守的な選考を行うという評判で、Perrieさんが出場したのは新鮮だとして話題になりました。

惜しくも上位進出はなりませんでしたが、翌年は保守的と言われるミス香港でも、日本人の混血の出場者が出ましたので、ミス香港も変わりつつあるのかもしれません。

 

グローバリズムの時代を迎え、世界にはさまざまな人たちが行き来しています。移民、外国人はもはや珍しいものではありません。

私たちの周囲にも、肌の色が違う人は普通に暮らしています。

 

この記事のようなことは、これからはもう話題にもならないのかもしれませんね。

f:id:nihon-miss:20200113081523j:plain

 

ミスコンテスト反対 は終わらないけれど

 


法政大学が、学内のミスコンテスト反対の声明を出しています。

 

法政大学

f:id:nihon-miss:20191230085439j:plain

https://www.hosei.ac.jp/NEWS/gaiyo/191129.html

 

>「ミス/ミスターコンテスト」について このイベントについては、本学の関知するものではなく、また本学の施設を利用しての開催も認められていません。

 

その理由として法政大学はこのように言っています。

>本学では、自主法政祭実行委員会(市ヶ谷地区)が大学祭に際して掲げてきた「基調・理念と諸問題」という文書の中で、「ミスコン」に対し以下のような見解を長年にわたって示してきました。

「ミスコン」とは人格を切り離したところで、都合よく規定された「女性像」に基づき、女性の評価を行うものである。

 

主催の学生団体は、困惑しているようで、改めて声明を出すと言っています。

 

ミスコンテスト反対の意見は、たまに聞きますが、大学が声明を出すというのは珍しいです。

 

実は、大学だけでなく、昔からミスコンテストに反対する意見は結構あったのです。

 

1976年に、名古屋大学のミスキャンパスコンテストで、大学内の「女性問題研究会」という、おそらく女子学生が中心になったグループが反対して、混乱しました。

 

1987年には、東大でやはりミスキャンパスコンテストを開催しようとして、これは乱闘騒ぎにまでなったという記録があります。

今、東大は美人が多い大学として、ミスコンテストが大きな話題になるくらいですから、隔世の観がありますね。

 

 2019年のミス東大

f:id:nihon-miss:20191230085738j:plain

 

1990年代には、一般のミスコンテストに対しても、一部の女性団体が反対運動を起こして、マスコミが取り上げたりしていました。

 

f:id:nihon-miss:20191230085453g:plain

その理由は、おおむね共通で「女性差別だ」「外見で女性を評価すべきではない」などなど。

 

 

しかし、ミスコンテストは続いています。

 理由は簡単です。女性自身がやりたがっているからです。

 

今、世界的にもミスコンテストの主催団体のトップは女性です。参加希望者はどんどん増えています。

皆、ミスコンテストをやりたがり、参加したがっているのです。

 

ミスフランスと、主催者のGeneviève de Fontenay。左側の人です。これはカンヌ映画祭にミスフランスと登場した時のもの。

f:id:nihon-miss:20191230090315j:plain

 

ミスコンテストは女性たちのイベントになっています。

 

女性を外見で判断すべきではない。そういう意見はあっていい。いや、その通りだと思います。

しかし「女として」評価してもらいたい。これがミスコンテスト参加者の声の集約だと思います。

 

もちろん私たちもそうです。

f:id:nihon-miss:20190914170354j:plain